時代の流れを肌で感じるのは情報の高速化とマス媒体の複数化による高速情報網によります

新聞が電子化され、情報端末で購読している人も少なくないと思いますが、マスコミの中で新聞のステータスはそれ相応の地位もあり、その情報力は確かに秀でていたのはこれまでの話で、いまはどうもリアルタイムでも情報が受け取れる時代。つまり新聞になると、どうしても締め切りがあり、その後数時間後で読者のもとに届のが一般的。ここでは、リアルタイム性が欠如しており、情報の新鮮度はインターネットニュースより古いものとなります。ここに、現代的なリアルタイムこそ価値ある情報とする考えがあるため、タイムラグがあるものは敬遠されるようです。時代が明らかに変遷し、情報の高速化が行われますと、そのあたりの感覚も変わるのものかと、最近痛感しています。情報端末に依存しすぎるのも、怖さを感じますが、世界的に情報のリアルタイム性が常識化してきますと、新聞の持つ価値が失われていくような気がしています。今後も、ますます情報媒体の複数化と高速化が進み、ますますあわただしい世の中となる中で、自分流の価値観を見据えておくことも重要かもしれません。キレイモ 支払い方法