細胞の実例についてとペンギンなどについて

鳥獣などについて学業しました。すべての鳥獣のボディは、各種形式とがたいの細胞からできています。次は、植物細胞についてだ。ミトコンドリアは、細胞の呼吸を行います。液胞は、物質の貯蔵・分離を決める。植物細胞で発達します。葉緑ボディは、光合成の立場だ。リボソームは、タンパク質で結合の立場だ。細胞邪魔は細胞の形式を持ちます。そして、ペンギンなどについて学業しました。ペンギンは、南半球のでかいに生息決める。鳥類に分類されるが、飛ぶことはできず海にもぐって魚などを食べます。カメレオンは、トカゲなどのハ虫類のなかまです。光線のモチベーションを皮膚で感じとり、ボディ色調を支度させます。タツノオトシゴは、全長約9cmの魚類だ。その卵は、ふ化始めるまで牡の腹の中で保護されます。無茶苦茶ロートルは、ウーパールーパーの名称で親しまれる両生類だ。幼生のえらを有する通り成熟決める。このようなことを勉強して知らないこともあったので、学べて良かったです。http://www.ewpn.co/