突然見てくれを消した長女!誘拐??騒然と至る公園!そのやめは!?

お傍と公園で過ごした穏やかな日数。
お人時間もおわり、これから帰ろうかと帰宅の装備をしていたときの一大事。

家財道具を自動車に積み込み、よし帰ろうとした時代、あれ・・?子供がいない!一緒にいたはずのお兄ちゃんに確認するも、知らないとの事柄。
称号を呼んでもレスポンスはないし、自動車の近所、下を探してもいない。それと同時に横に停留されていた自動車が発車しパーキングを生ずるのをみて、
よもや誘拐!?パニックになる俺。一緒に遊んでいたお傍、公園の管理人くん、公園にプレイに来ていた小学校、みんなが必死の探査。

パニックに陥った俺は小児のゲンコツを握り締めながら近くを半泣きで探査。仮に称号を叫んでも、どこをさがしても見つからず、震えながら、ポリスにテレホン。

女性落ち着いて下さい。のことわざにも落ち着けない!白い自動車が出て行って、いなくなっちゃって。。。と必死の訴え。

と、その時、一緒にプレイに来ていたお友達の子が、「あれ〜自動車に乗ってるよ〜」とワンポイント。
自動車に戻ってみると、後部シートに子供・・・え?さらにここにいた?ホッとして腰を抜かす俺。最前抜けしました。どうも、俺が目を離した余地に、自分で乗り込んですらしき。
よもやシャッターを開けられるとは心境もしなかったから、車内を見い出しもしなかったよ。本当にやましい。取り乱して子供の称号を呼びかけ続けた俺に後悔。
一生懸命探してくれていた皆さんに必死に謝り、そそくさと帰宅しました。そしてちょっぴりその公園には行けませんでした。高麗美人 楽天