今年初めての大学祭、楽しかったけど何か物足りない

私の通っている大学では春と秋の2回、大学祭(学園祭)が開催されます。春といっても開かれるのは丁度今頃で梅雨に被るため天気に恵まれないことも多いのですが、今年は非常に暖かい日の開催となりました。今回の大学祭は非公式のため大々的に外部に周知することもなく内部向けのような雰囲気もあるのですが、今年は学生が声を掛けたであろう外部の人や他大学の学生などが見られいつもより活気に満ちていました。
私はバイトなどほかの用事が忙しく主だって参加することは出来なかったのですが、準備や片付けなど最低限手伝うことは出来たかと思います。
今年の催しの中で特に興味深かったのは、理工学部の制作した曲を提案してくれるロボットです。自分のお気に入りの曲や今の気分を伝えるとそれに応じて何万個もある候補の中からおすすめの曲をいくつか探しだしてくれるというものです。類似の機能は様々なところですでに実用化されていますが、それをハードも含めて一から作ってしまうのが凄いと思いました。文系の私にはとても出来ないことです。
ほかにも様々な企画や展示があり非常に楽しかったです。ですがやはり自分の貢献度が少なく物足りなかったので、秋の大学祭はもう少し積極的に参加して良い経験を積みたいと思いました。キレイモ効果